六甲山と瀬織津姫 189 豊受大神は「月の神」

語り部の指摘はいつも唐突だが、今回もまた…。
「豊受大神が祀られている丹後の比沼麻奈為神社
(ひぬまないじんじゃ、京丹後市)のすぐ近くに、
半月のかたちをした田んぼがありませんか?」と。

敏馬神社に祀られる弥都波能売神(みずはのめ)
は、美奴売山(現・三草山)に坐す女神だったと
いった話をしていたときのことだった。

「はぁ、比沼麻奈為神社、半月型の田んぼですか…。
その田んぼが弥都波能売神と関係があるんですね」
「そうだと思います」

神宮皇后によって美奴売山から敏馬神社に勧請
された弥都波能売神と、丹後の豊受大神。二神を
 結ぶヒントが、「月の輪田」ということらしい。

そう言えば、『摂津国風土記』逸文はこう記す。
〜豊宇可(トヨウカ)及売神、常に稲倉山に居まし、
山を以って膳厨(みくりや)となす。
後、事故ありて居ることあたわず、丹後国
比犀乃真奈韋(ひじのまない)に移り行きき」〜


豊宇可及売神(=豊受姫)は、何かしらの
理由があって、丹後に追放された…とも読める。
そして移った先で、月の輪田の守り神になったと。

というところで、「月の輪田」について調べると、
語り部の指摘は、まったく図星だったと分かった。


京丹後市峰山町の保存会が「月の輪田と清水戸」
というサイトを開設していた。昭和41年に撮影
された月の輪田の写真(拝借)を見ても、確かに道路
沿いにある田んぼは、鮮やかな三日月なのだった。
a0300530_17152216.jpg





田んぼの傍にある石碑の銘文は、次のように記す。
〜月の輪田は三日月田とも云い、大昔、豊受大神が
苗代の清水戸に浸した籾をここに蒔き、とれた稲種
を大神に奉ったという遺跡である。〜


このことを早速、語り部に伝えた。
「比沼麻奈為神社の近くに半月形の田んぼが、
確かにありました。月の輪田ともいうらしいです」
「やはり、豊受大神(豊受姫)は月の神でしたか」
「豊受姫を祀った民が、それを暗示して命名したと…?」
「はい、逆に言えば、月の神という神名を奪われた」
「そのため、水の神という神名だけが残ったと…?」
よって、三草山に坐す女神は弥都波能売神だった。


語り部は静かに言った。
「もともと月の神は、地球に降臨して水の神になった。
月の輪田に籾種を浸して発芽を早めたのは、月の力。
月の力は、水を媒介として豊穣をもたらすものです。
お酒もしかりで、月の力で発酵は促進されますね。
だから、豊受大神は御食津神・保食神とも呼ばれた」

次第に、語り部の託宣の意味が理解できてくる。
おそらく、神宮皇后が敏馬神社に祀った水の神は、
実は豊受大神という名の月の女神でもあったか。

また豊受姫は天女であり、かぐや姫に例えられた。
そして、この国の先住民が崇めた縄文の女神だった。
縄文の民が月信仰だった話は、こちらにも書いた。


月の神を祀る民がいたらしい三草山へ。
たまたま大阪に滞在していた先週末に行ってみた。
「大阪のてっぺん」と呼ばれる豊能郡豊能町は、
見渡す限りの美しい水田地帯だった。
能勢電鉄山下駅から1時間に1歩本のバスで20分、
そこから、農道をひとり白鷺?を眺めつつ徒歩30分。
a0300530_17003856.jpg





ようやく、三草山が見えてきた。ぐるりと
稜線が流れる田園風景のなか、一際目立つ丸い山。
六甲の甲山にその姿が似ている。大和の三輪山にも?
龍蛇神を崇める縄文の民は、とぐろを巻いた形のような
様子の山を龍蛇神の神奈備山としたというが、思えば、
縄文人にとって、月と蛇は再生のシンボルだった。
では、先住民の月神を追放したのは誰だったのか…。
a0300530_19054595.jpg



by utoutou | 2018-09-29 07:27 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/238773915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆき at 2018-10-02 03:07 x
全く当て外れかもしれません。
奈良の生駒市に稲倉神社という神社があり、でっかい磐座があります。
今は住宅地になってますが、その辺りを稲倉山と言ったとか。
Commented by komakame at 2018-10-03 14:37 x
昨日(2日)、三草山(標高564メートル)登ってきました。秋晴れのとても気持ちのよい天候で、山頂からは大阪市内のビル群も遠くに見え、遠い古代のイナの国を思い浮かべることができました。帰りに戸隠神社まで行きたかったのですが、次回にまわします。やはり、現地を歩いてみないとわからないことがありますね。ありがとうございます。
Commented by utoutou at 2018-10-04 10:35
> ゆきさん
こんにちは。返信が遅くなりましたm(._.)m
生駒市の稲倉山、そうですか! 調べてみたら、巨大な磐座は烏帽子岩と呼ばれるそうですね。
やはり各地に残る天女伝説と関係のある土地なのでしょうか。
稲倉と言えば、稲倉に羽衣を隠されたのは天女、天女は豊受姫、豊受姫は月神…そして、もうひとつのキーワードは烏帽子岩?
実は、沖縄で天女伝説が残る地域のひとつ与那原というところに、エブシガー(烏帽子川)という拝所があります。そこを訪れたとき、「烏帽子って何だろう?」と、語り部さんと首を傾げたものです。沖縄に烏帽子を被る風習はないので、ここにヤマトと関係する人たちがいたのだろうかと。烏帽子が何の象徴かという謎は未だ解けませんが、気になりますね。
Commented by utoutou at 2018-10-04 14:17
> komakameさん
コメントありがとうございます。三草山に登られたのですね。お天気にも恵まれて何よりでしたね。私は北側の岐尼神社の近くまで山下駅からバスで行き、それからしばらく歩いて、三草山に登る林道への登山口で引き返しましたが、時間があれば頂上まで登って、その眺めを味わいたかったです。さて往古、三草山の山頂には百済から来た日羅という高僧の建てた清山寺という大きなお寺があったとか。こちらの御本尊が、いま慈眼寺に安置されている千手観音像だそうです。美奴売山の女神と関連するのでしょうか、興味深いですね。
<< 六甲山と瀬織津姫 190 美奴... 六甲山と瀬織津姫 188 美奴... >>