人気ブログランキング | 話題のタグを見る

琉球国初代王・舜天〈20〉熱田と阿多隼人

「義本王の墓」とも呼ばれ、舜天王統の三代王
 を祀る北中城村「ナスの御嶽」。同じ村内には、
安谷屋グスクだけでなく、熱田(あった)という
 地名もある。こちらも阿多忠景の渡来に関係が
 あるのではないか? と、実は以前から考えていた。

熱田、熱海、安達太良山など、「あた」「あだ」
の読みを含む地名は全国で見られるが、それを
阿多隼人ら古代海人族の移住先と見る研究がある。

 熱海の海底遺跡保存会さまによる地名一覧を
 見ると、北中城村熱田、安谷屋も記載されていた。


奈良県五條市原町も阿多隼人の移住先として有名
で、阿陀比売神社には、阿陀比売こと阿陀津比売
(木花開耶姫)と火照命ら子神三柱が祀られている。
琉球国初代王・舜天〈20〉熱田と阿多隼人_a0300530_09020752.jpg







五條市文化博物館発行の『五條市の歴史と文化』
には、ここ吉野川下流の阿太地域は記紀神話の
舞台だと記す。後の神武天皇は大和へ向かう途中
この地でニへモツノコと出会うが、彼は阿太の
鵜飼の始祖で、九州から北上した阿多隼人だと。

中央の写真は、吉野川の「皇座位」と呼ばれる岩で、
(鵜飼で釣った)鮎を神武に献上した場所だという。
琉球国初代王・舜天〈20〉熱田と阿多隼人_a0300530_09060292.png






後代、五條市や京都などへ、朝廷によって
南薩摩から強制的に移住させられ「畿内隼人」
として、奉仕することになった人々もいた。
(↓ 鹿児島県霧島市の隼人塚史跡館の展示より)

地図右下に阿陀の地名が見える。つまり、
神武の時代以前から隼人族が住んだこの地に、
朝廷に鎮圧され服従することになった隼人も
 移住した。そうして地名は生き続けたのだろう。
琉球国初代王・舜天〈20〉熱田と阿多隼人_a0300530_09384819.jpg








さて、安谷屋(あだにや)と熱田。本島中部に、
なぜ阿多隼人を思わせる地名が残っているのか?

その繋がりを、神武からグッと時代は下って
平安末期、舜天の父となる源為朝を娘婿として
南薩摩の覇者ともなった豪族・阿多忠景に見る。

忠景は元々薩摩平氏の伊作氏で、婚姻によって
 阿多氏を名乗ったという。つまり妃は阿多君…。

1160年ごろ、忠景は、
薩摩・大隅・日向を支配するほどの郡司となる。

鎌倉幕府の公文書『東鑑』によれば、そのため
 平清盛に圧迫され喜界島(硫黄島)に逃亡するが、
 清盛に疎まれたその莫大な富と権力は、おそらく、
太宰府を通じた私的な日宋貿易で得たものだった。

 忠景の本拠地は、南薩摩の日置郡金峰町阿多。
万之瀬川河口域の持躰待(もったいまつ)遺跡
からは、宋から輸入された陶磁器類が大量出土。
ここ20年ほど、忠景との関連が指摘されている。

阿多は日宋貿易の中継地点だったわけだが、
輸出品となったのは、南島と琉球特産の硫黄や
赤木や夜光貝だったことは、想像に難くない。

いっぽう、沖縄の伝承では、阿多忠景は為朝と
共に琉球に渡来した、とか、為朝が去った後も、
 琉球に留まり舜天(尊敦)の教育を担ったとされる。

さて、熱田という地名は、他にも本島にある。
恩納村安富祖と南城市知念志喜屋に、熱田原と。

また南城市大里稲福にある拝所・稲福寺は別名
が熱田寺(あったでら)。語り部によれば、その
近くに、かつて、ソントン石という御嶽があった。

阿多・熱田・ソントン・舜天は、繋がっている…。

稲福に近い、ユインチホテル南城から斎場御嶽
のある知念半島(写真右)と、中城湾を望む。
琉球国初代王・舜天〈20〉熱田と阿多隼人_a0300530_10291835.jpg



by utoutou | 2022-05-06 20:18 | 琉球王 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/241442894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by utoutou at 2022-05-12 20:10
> 2924_a31さん
違いますね。恐縮です。
Commented by utoutou at 2022-05-13 17:35
> 2924_a31さん
未踏の島です。行きたいですね🤗
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 琉球国初代王・舜天〈21〉阿多と鵜飼 琉球国初代王・舜天〈19〉やん... >>