人気ブログランキング | 話題のタグを見る

琉球国初代王・舜天〈28〉続・藤原道長の銅鏡

舜天ソントンと源為朝について、また為朝の舅と
される阿多忠景についても何度かブログに書いたが、
謎だったあの銅鏡について、ストンと腑に落ちた。

平安時代末期、薩摩国の郡司だった阿多忠景の系図
を遡ってみると、先祖の平季基という人物に至り、
 藤原道長との接点がはっきりと見えてきたのである。


戦後、舜天のお墓から出てきたという、平安貴族
NO.1の藤原道長の名入り銅鏡について話が聞きたいと、
南風原自治会館(南城市)を訪れたのは2ヶ月半前。
梅雨入り前というのに、真夏のような日差しのなか、
 まずは、のどかな表情の石獅子が立つ集落を歩いた。
琉球国初代王・舜天〈28〉続・藤原道長の銅鏡_a0300530_14585583.jpg







 あのときに知ったことのあれこれを書いたが、結局、
摂関・藤原道長(996〜1028年)の名入り銅鏡が
 いつ誰の手でここに持ち込まれたかは、不明のまま。

あのとき、突っ込んで考えようとしなかったのは、
藤原道長と阿多忠景との間に100年以上のズレがあった
 から。忠景が薩摩で権力の頂点にいたのは1150年頃だ。
 
 
 しかし、忠景の先祖ならどうか? と、ふと思った。
調べると、阿多忠景の三代上に、太宰府の役人となった
平季基がいる。季基は弟とともに島津の荒地を開発。
 藤原頼通(道長の長男)に寄進していた。それが、
 後に日本最大の規模を誇るようになる島津荘の起源。
そもそも島津荘は、藤原摂関家領の荘園だったわけだ。

その壮域は、鎌倉初期、日向・大隅・薩摩にわたって
 8千町(東京ドーム1708ヶ分)で日本最大の規模だった。
 忠景の曽祖父・季基と藤原家との密接な関係が偲ばれる。

それ以前の時代にも、太宰府経由の私貿易で栄えた
季基は、道長に唐物を寄進していたという話もある。

忠景の系譜は、次のようになるようだ。
平貞時---貞元---季基---兼輔---伊作良道---阿多忠景

良道は薩摩国伊作郷に土着してから、伊作を称した。
 忠景は阿多君の姫を娶り、地名にちなみ阿多を称した。

さっそく語り部に電話で連絡する。
「…そんなわけで、藤原道長の銅鏡は、阿多忠景が代々
  受け継いだ家宝を、琉球へ運んだ可能性がありますね」

 語り部は、いつも通りの平静な声で言った。
「やはり、平氏は島添大里に来ていたんですね」


 語り部の見立ては、阿多忠景は大里按司その人か、
大里按司の後ろ盾になった人なのだろうというもの
 だったので、やはりなんだか腑に落ちた様子である。
琉球国初代王・舜天〈28〉続・藤原道長の銅鏡_a0300530_14585953.jpg







 舜天の墓のデザインを、沖縄ではボーントゥ墓と呼ぶ。
 経筒を模した形で、蓋の上に宝珠型の鈕が載っている。
その由来は、「梵筒」なのではないかと考えていた。

藤原道長は1007年、吉野・金峰山(奈良県)の
 経塚に、自ら書写した経を経筒に入れて埋納した。
 その経筒は国宝、直筆の経は重要文化財になっている。
  もしや、墓の中の銅鏡も、国宝級なのかも知れない。
琉球国初代王・舜天〈28〉続・藤原道長の銅鏡_a0300530_14590253.jpg

by utoutou | 2022-06-21 13:38 | 琉球王 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/241507614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

琉球国初代王・舜天〈27〉猿田... >>