人気ブログランキング | 話題のタグを見る

黒潮の民〈4〉玉城城の朝日

夏至の朝は久高島東海岸の伊敷浜でその時を待った。
あいにくの曇りで、太陽は雲の向こう側に昇った。
夏至の翌日は、ブログの順番が逆になったけれども
玉城城で5時37分の日の出を待つ。10分前に到着。

思えば、
10年前、ブログの初回は「久高島に昇る朝日」だった。
玉城城の主郭門に夏至の朝日が真っ直ぐに届くという。
その丸い門は、いつ誰が作ったのか? と興味があった。

しかし、いまそのことはさして重大ではないと感じる。
鉄器を持って渡来したアマミキヨが城壁を造ったのは、
10〜13世紀ごろと分かっている。薮薩の御嶽の「薩」
が示すように、九州南部や奄美からやって来た人々だ。

さらに遡るとここはゴホウラの貝溜まりだったという。
弥生時代に北九州の貝商人が出入りした可能性もある。

もっと遡れば、徐福の一団がミントングスクに居住した
という伝承がある。ミントングスクの神壇にある4つの
香炉のうち、右端の「明東加那志」とは徐福らのことだ
という。秦の始皇帝が不老不死の薬を求めたので、
大陸から東の蓬莱へ向け船を出してヤハラヅカサに着き、
上陸したと伝わる。玉城はまだ「裸世の時代」だった。

徐福の一団に石工がいたなら2300年前、ここに門を
造るのは可能? 城壁の石積みには時代が混ざっている
黒潮の民〈4〉玉城城の朝日_a0300530_09040288.jpg








主郭の丸い門を背に玉城台地を眺めた。あるとき、
徐福の出身地は饒波(にーは)と知り驚いたものだ。

前回書いた、外洋からヤハラヅカサまで通じていた
明澪は沖縄で饒波(にーは)とも呼ばれた。いまでも、
例えば、那覇の港へ注ぐ国場川の支流に近い豊見城市
に饒波という地名があり、本島北部の大宜味村には
饒波川が流れていて饒波(ぬーは)という地名がある。

同じく本部町の伊野波は「ぬーは」の当て字らしい。
また勝連半島・藪地の近くに饒辺(ぬへん)がある。
裾礁に食い込んでいる、いや、同時に外洋に開かれた
饒口(ぬーぐち)に渡来人が来たことで拓けた地域だ。


ところで、アマミキヨ渡来の地として名高いこの百名
の饒口(ぬーぐち)は玉城城の「東」に位置している。
文明だけでなく、災いも外洋から入ったこの立地で、
城門をまっすぐ東方に向けて造ったりはしないだろう。

玉城城の南側は急峻で登れない。西南からは登れた。
もっとも登りやすい東北には二の郭と三の郭があった。
今次の大戦後に破壊されたというが、さらに、その
低地には城下町があった。現在のゴルフ場だ。東北に
向かい扇型に広がるその台地こそがアマミキヨの里。


アマミキヨは玉城の前に、まず久高島に着いたという。
つまり故地は夏至の朝日の昇る東北東の久高島。
そのため「ミントンは寅の盤」と祭祀で重要視された。

そんなわけで、
この門は夏至の日の出に向いていると考えるに至った。

5時43分、
日の出のときはくすんでいた空が明るくなってきた…
黒潮の民〈4〉玉城城の朝日_a0300530_15225217.png








6時12分、
神秘の空色は移り変わり、太陽を迎える空模様に。
偶然、ハワイから来た女性とその友人が門に立った。
日の出の歌を歌いながら、太陽を迎える姿が美しい
黒潮の民〈4〉玉城城の朝日_a0300530_15231890.jpg







6時18分、
ドーンパープルは薄らぎ、太陽の色に染まっていく。
太陽の角度というより、刻々と移ろう様が神々しい
黒潮の民〈4〉玉城城の朝日_a0300530_15241100.jpg








日の出から1時間経った6時37分、
昇った時刻には見られなかった太陽が顔を出した。
 「若ティダ(昇ったばかりの太陽)のような按司」
と呼ばれた琉球初代王・舜天もこの朝日を見たか。
沖縄発祥の地のティダが穴。それゆえ尊いと感じる
黒潮の民〈4〉玉城城の朝日_a0300530_15394926.png






by utoutou | 2023-06-28 10:21 | グスク・御嶽 | Trackback | Comments(1)
Commented by utoutou at 2023-06-30 12:16
> イナルさん
こんにちは。私もこれまで何人かの神人さんに聞いたところ、答えは「盤」と「番」が半々といったところでした。何年か前に、「自分は世界盤を持たされている」とおっしゃった方が、「盤とは祈りの対象」と説明したのが納得できたので、以来「盤」の表記を使っていたのですが、昨日、語り部さんに聞いたところ、「番が正しい」との意見。「ミントンは寅の番」とは、「十二支でいう寅の方向(夜明けの刻)の祭祀を司るという意味」とのことでした。交代制の順番、というより、数ある神事の中の担当、といった理解でよいかと思いました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 黒潮の民〈5〉玉城レイライン 黒潮の民〈3〉夏至の風景 >>