人気ブログランキング | 話題のタグを見る

卑弥弓呼〈2〉卑弥呼神社

鹿児島神宮(霧島市隼人町内)境内の高千穂宮跡
 近くに坐す卑弥呼・卑弥弓呼神社について記した本
『卑弥呼神社』(昭58年刊)が、古書店から届いた。

著者は、
鹿児島県考古学会会員で医学博士の松下兼知氏。
大隅・曽於地方(現・曽於市)出身とのことだ。
「はしがき」で、卑弥呼神社を創祀した経緯を読む。

「邪馬台国の所在地は南九州」と確信した氏が、
『精神医学的に見た邪馬台国論』という本を出版した
 ところ意外にも反響があり、各地から資金が集まり、
 昭和57年、卑弥呼神社を建設するに至ったという。


鹿児島神宮の境内にある卑弥呼・卑弥弓呼神社。
霧島市観光協会サイトから拝借。サイトによれば、
境内ではなく高千穂宮跡に続く散歩道に、とのこと
卑弥弓呼〈2〉卑弥呼神社_a0300530_16393312.jpg







つまり鹿児島神宮の摂社・末社ではないようだ。
が、本の第1章「卑弥呼神社の由来」は衝撃的だ。

(以下要約)

☆卑弥呼神社は皇大神宮大宮(※伊勢神宮内宮)
 を模して鹿児島神宮の敷地後方500坪の地に建てた。

☆昭和57年、鹿児島県国分市に坐す伊勢神社にて
天照大神の入魂式を行い、創祀を文化庁に届け出た
ところ、伊勢神社の末社として卑弥呼神社を運営
するのがよいという指導を受けた。

☆そもそも伊勢神宮は中村徳五郎著『皇大神神宮史』
によれば、崇神天皇が現鹿児島県川内市の新田神社
中ノ陵から卑弥呼の遺骨を宮中に留めた後、天照大神
としてヤマト笠縫村に遷座、垂仁天皇の皇女である
 倭姫が、伊勢の五十鈴川のほとりに鎮座させたこと
 から内宮と称せられた。卑弥呼は天照大神である。


面白い、ただし、頭が混乱したm(__)m この本には
 狗奴国の男王「卑弥弓呼」についての記述は少なく、
なぜ卑弥呼神社に卑弥弓呼の神名が加わったのか?
 という疑問は解消されないまま、読み終えたのだった。

 ともかく、著者・松下氏の邪馬台国論から紐解けば、
卑弥呼の居城は、現・国分市隼人町の姫城(ひめぎ)に
 あり、その北に奴国に至るまでの21国を領有していた。

『魏志倭人伝』曰くの奴国の南に位置する、卑弥弓呼の
  いた狗奴国は肥後(現・熊本県)の地にあったと記す。
  「邪馬台国、南九州説」に基いて卑弥呼神社があると。

ところで、
『皇大神神宮史』には、卑弥呼の遺骨は新田神社の
中ノ陵にあったというが、調べてみると、現在、
 そこに祀られるのは、ホノスセリノミコトという。

 語り部の見立てでは、狗奴国王・卑弥弓呼の祖先。
 卑弥呼と卑弥弓呼は、同じ墓に葬られていた可能性?
まさか…つづく…。


卑弥弓呼〈2〉卑弥呼神社_a0300530_17295323.jpg






薩摩川内観光協会物産サイトから拝借↑「新田神社
にある陵の位置図」と↓「ホノスセリノミコトを祀る
中陵(中のみささぎ)。ここには、卑弥呼の墓が
あったと『卑弥呼神社』の著者・松下氏は紹介した
卑弥弓呼〈2〉卑弥呼神社_a0300530_17300998.jpg










by utoutou | 2023-08-31 20:40 | Trackback | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 卑弥弓呼〈 3 〉熊襲の川 卑弥弓呼〈1〉ホスセリノミコト? >>