人気ブログランキング | 話題のタグを見る

琉球玉依姫〈2〉天久台地

『アミク村の歴史と民俗(抄録)〜
位立山戸(したてやまとぅ)の手記』
は天久村の古老が30年にわたる調査と研究に
よって纏めた、天久の祭祀・御嶽・拝所・墓地
 の記録で、そのまま村の姿の変遷も分かる大著だが、
  位立山戸さんは2016年に88歳で逝去されたようだ。

この資料を抱えてすぐさま天久の御嶽を巡りたい
ところだが、そうもいかないのでまずは位置確認。
その立地を俯瞰した地図はないかと探したところ、
Youtubeで那覇港プロモーション動画を見つけた。

こちら↓那覇港の全体地図。那覇港は左(南)から
那覇ふ頭、泊ふ頭、新港ふ頭、浦添ふ頭が並ぶ。
天久は、新港ふ頭(那覇市港町)に近い地域だ。

地図右上、海に大きく突き出て築造された新港ふ頭
地区の下(東)に緑色に横たわる丘陵が天久台地。

 海側は、新都心に埋もれるように残る古来の海岸線。
 安謝川とともに、天久地域は今次大戦の激戦地に。
 戦後は米軍に強制接収され、将校の住宅地になった
琉球玉依姫〈2〉天久台地_a0300530_03181550.jpg








 那覇港プロモーション動画からスクショして拝借。
 国際コンテナターミナルから見る天久台地(左奥)
琉球玉依姫〈2〉天久台地_a0300530_04070627.png








天久と言えば、琉球八社の天久宮を連想するが、
位立さんの記録は天久台地全体を網羅している。

Googleマップ天久台地に赤丸を付けた。4つの
うち、いちばん下(南)が天久宮。次が天久宮の
前宮・フルヘーリンの洞窟。上に目を転じ3つ目が
 天久遺跡、4つ目がその火の神(天久遺跡の山上)。
赤丸の間の建物が大浜第一病院(旧東急ホテル)
琉球玉依姫〈2〉天久台地_a0300530_04194642.png





さて、
私の手元にある『アミク村の歴史と民俗』の
コピーには第1章がない。家の秘伝を記したのか。

第2章は「天久7嶽と新しい村の3御嶽」で始まる。
その筆頭が、天久之嶽(グスク、遺跡)である。
(以下抜粋)
〜天久グスク直下に按司お墓という洞窟がある。
ここは縄文後期(3500年前頃)の貝塚人たちが
住居として利用していたが、ここから頂上に登り
焼畑農耕を始めるようになると、洞窟は風葬墓地
となった。やがて、貝塚人の一部は天久原一帯の
サンゴ礁台地から、多和田川(銘苅川)一帯に
稲作の水利を求めて移住。数カ所の村を作ると
同時に祖霊神を祀る「天久7嶽」を作った 。〜

    ところで、
        天久之嶽の麓にある風葬地は、苧山とも呼ばれる。     
  風葬地に苧麻を植え、その糸で機織りをしたという
   伝説の神女の名は、大主乙樽(おおしゅおとだる)。
   没後の諱は、「中(なか)玉依姫」といったそうだ。

  中玉依姫は、琉球第二王朝第三代・尚真王時代の
   天久ノロ。アマミキヨ末裔の娘だと綴られている。
つづく…。

  '23年も多くのご訪問✨心より感謝申し上げます。
   皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。



by utoutou | 2023-12-31 17:35 | 最終章 | Trackback | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 琉球玉依姫〈3〉アマミキヨの娘 琉球玉依姫〈1〉冬至のレイライン >>