人気ブログランキング | 話題のタグを見る

琉球玉依姫〈7〉続「天女伝説」まとめ

天女伝説シリーズには、銘苅子や銘苅家について
の記事も多かった。まず、後半でよく読まれたと
 思われる銘苅子の屋敷跡・銘苅御殿の参拝記より。

(〜から〜の部分が、内容のポイント)
〜 語り部は常々言っていた。
「それほど、銘苅子は大地主だったと伝わっています。
銘苅口説の文句にもあると言いましたね。
国のはじまり銘苅国、川のはじまり銘苅川、と。
国とは真和志のこと、古代から陸地だった地域を指します」

銘苅御殿を出てから、天女は誰かという話になった。
「そろそろ天女は誰か、分かってきましたね?」
「銘苅家の女ですね。
そして、御先世(上古代)からこの地に住んだ海神族
が崇めた女神の霊力を継ぐ日巫女だったのだと思います。
銘苅子と天女は、古代の習俗のまま同族婚だった。
それを隠す必要があり天女として語り継いだのでは」〜
琉球玉依姫〈7〉続「天女伝説」まとめ_a0300530_13002373.png







銘苅子と天女は、古代の習俗のまま同族婚だった
 のでは? という語り部の話を、しみじみ読み直す。
『アミク村の歴史と民俗』にも、同じく同族婚が
あったことを伝えるくだりがある。曰く、天久の
洞窟に玉城から姉弟が天下りして交合を行い、
次第に人々が増え繁昌したという伝承があると。


天女伝説・その1「天久宮」の巻。
「銘苅の翁」は女人(弁財天)と出会い、
社殿を建立した(天久宮由緒)。

天女伝説・その2「銘苅川」の巻。
銘苅子は銘苅川で天女と出会って結婚。
生まれた娘が尚真王夫人となり、
佐司笠按司加那志を生む(『中山世譜』ほか)。

天女伝説・その3「森の川」の巻。
天女と出会って結婚した奥間大親は、
一男一女をもうけるが、その子はやがて察度王になる。
「昇天した天女」とは銘苅家の女である(口伝)〜


〜那覇市教委が発行した遺跡発掘報告書を参照し、
産鉄地だったことを伺わせる遺構・遺物が出た遺跡
に赤の数字を付けた。上から、
1⃣ 銘苅港川遺跡
 2⃣ 安謝東原南遺跡
3⃣ 銘苅原南遺跡

天女伝説の舞台シグルクガーを挟んで南北に
3ヶ所もの「鍛冶関連」の遺構・遺物が出た。〜
琉球玉依姫〈7〉続「天女伝説」まとめ_a0300530_15020512.png






〜 この一帯には「浜下り」という、
いまは途絶えた古来の風習があった。
旧暦3月3日に、女性たちが揃って天久浜に出て、
干潮の海で禊ぎをしてから、海藻を苅る。
銘苅(めかる)の意味は、そこから来ていると思う。

語り部に言うと、やはり同じ意見だった。
「北九州の門司港に、和布刈(めかり)神社
がありますね。銘苅も同じ意味でしょうね。
海の若布(芽)を苅り、スズを苅り、稲を苅る。
銘苅には古代からそんな海人族が住んだと思います」
銘苅家とは、海人族の技術集団だったのか 〜


もしや…大主乙樽(中玉依姫)は、天に昇らず
里帰りした天女その人だったのかもしれない…
とも、思えてくる。「中玉依姫の実家である
尻礼武川(シリンカー )家の先祖は銘苅殿内」
であると『アミク村の歴史と民俗』は伝えている
琉球玉依姫〈7〉続「天女伝説」まとめ_a0300530_06442229.jpg


by utoutou | 2024-01-24 11:16 | 最終章 | Trackback | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 琉球玉依姫〈8〉海人族の都 琉球玉依姫〈6〉「天女伝説」まとめ >>