<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

六甲山と瀬織津姫 172 久高島の十字

久高島において、宇宙の四元素を表す「十字」を、
表すものは、葉の対生する神木・アザカしかないのか
…と、しばらく考えていたが、ようやく思いついた。
イザイホーを催した祭祀場・久高殿(くだかでん)
に隠された神祀りの構造がまさしく十字であった。


新月の久高島('16年10月)でも使用した
この写真は、同月1日の朝7時すぎに撮ったものだが、
東から昇った朝日は、神アシャギ(神殿)などが並ぶ
「東西軸」をまっすぐ貫くようにサンサンと輝いていた。
a0300530_13023249.jpg




↓ 久高島の主祭祀場・久高殿。中央が神アシャギ、
右がシラタル宮、左がバイカンヤー(イラブー燻製場)。

いまは途絶えた祭り・イザイホーで、聖なる庭に入った
神女たちは、手前(南)から神アシャギへと駆け込み…
つまり、「南北軸」を通って奥のイザイ山に籠った。
イザイ山には新しい神女たちが三日三晩にわたって籠る
七ツ屋が建ち、傍らにはアカララキが祀られていた。
a0300530_13024354.jpg




同時に、これまでいまひとつ理解できなかった
語り部のある話が、腑に落ちるようになった。
数年前、イザイホーを霊視した語り部はこう言った。
「イザイホーの祭りの真ん中に、猿田彦が立っている」

猿田彦大神(二ライ大主)が出現したその聖所とは、
東西軸と南北軸の十字路(アザカ)に建つ神アシャギ。
神女たちは、「エーファイ(神へ急げ)」と唱和
しながら、「アザカ」の猿田彦の元へと走ったのだ。

そう考えると、『日本書紀』にある例の一文…
〜 一(ひとり)の神あり、天の八衢に居り〜
の意味も違和感なく理解することができる。また、
大和神話の世界は、この神の島の祭祀を祖型に
して成立したものだったのだろうということも…。

これまで、アカララキについてどれほどこのブログ
で書いてきたものか前回振り返ったが、では猿田彦に
 ついてはどうかと調べると、こちらも負けていない。


天岩戸と猿田彦('14年10月)
消えた猿田彦神('14年10月)
伊雑宮と猿田彦神シリーズ('14年11月)
シャコ貝とアザカと猿田彦シリーズ('14年12月)
イザイホーシリーズ('15年1月)
つまりアマミキヨ('15年2月)
猿田彦の下駄シリーズ('15年2月)
猿田彦神社('16年1月)
猿田彦大神('16年9月)
猿田彦の子午線('17年8月)


そもそも、猿田彦を追跡するようになったのは、
二見興玉神社(伊勢市二見町)への参拝がきっかけ。
'14年に行った伊勢神宮へのバス旅は、ちょうど朝日の
昇る時刻の二見興玉神社を第一の目的地としていた。
それからというもの、猿田彦を追跡して伊勢神宮へ
伊雑宮へ、またその関連を求めて久高島へ旅を続けた。
a0300530_13025801.jpg




二見興玉神社の祭神は、猿田彦大神である。
↓ こちら二見興玉神社所蔵・猿田彦出現の掛軸
(大和岩雄著『神と人の古代学』より拝借)だが、
            猿田彦が手にする木は、いまならアザカに見える。           
a0300530_13031249.jpeg




さて、4月に行った沖縄旅から時間がずいぶんと
 経ったが、頭の中の時系列ではまだ久高島にいる。
    那覇に1週間いて、途中の1泊を久高島で過ごしたが、  
  そこで知り合った女性がまた十字に関係する人だった。

大阪府箕面市で沖縄料理店を営むというMさん。
四大元素(火・風・水・土)に対応するハーブと塩
 をブレンドした「星のすぱいす」を発売したという。

そこで、つかの間、四大エレメントを意味する
十字(アザカ)の話で盛り上がったが、
不思議なご縁はそれだけでは終わらなかった…。







by utoutou | 2018-05-21 20:06 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)

六甲山と瀬織津姫 171 そして猿田彦大神

遥かに斎場御嶽を望む久高島西海岸。漁港の丘。
琉球王朝の最高神女・聞得大君の名を冠した「君泊」
にアカララキという名の御嶽(写真の左部)はある。

これまで何度も訪れたが、小雨まじりの悪天候に
見舞われたのは、おそらく初めてだった。また、
ここで、観光客用か地名表示板を見たのも初めてである。
「大君口(うぷちんぐち)・君泊(ちみんとぅまい)」と。
a0300530_12333982.jpg






港を背にして小さな石段を登り御嶽の内部へ。そう広くは
ないが、木々に囲まれた丸い空間は明らかに祭祀場だ。
御神体と向き合うと、空間の奥にその常緑低木は見える。
十字に葉が対生するアザカ(長実ボチョウジ)である。
a0300530_12341036.jpg







 拝所の前で振り向くと、手の届くところにまたアザカ。
「気性の荒い神、神名はなく門番」と島で伝わっていた
 アカララキだが、魂の転生・再生を司る女神の中の女神。
 イザイホーの祭では神女たちの籠る七ツ屋を守護した。
a0300530_11362189.jpg





この御嶽で、「十字」の葉の神木に会う意味は大きい。
十字はカジマヤー(風車)、そして四大元素を表すと、
語り部は言う。風と火と水と土。万物の根源的エレメント。
「十字」はカタカムナ族の象徴であり、族名でもあるか。

アカララキについては何度ここに書いたことだろう
かと思い、御嶽に座ったまま自らのブログを遡った。
それほど誰にも会うことのない御嶽だが、いつしか
 私にとって、久高の歴史時間を旅するメインテーマに。

以下、アカララキ関連のブログ記事。

久高島で蛇神を祀る('13年9月)
赤い実の神木('15年1月)
十字の霊力('15年1月)
つまりアマミキヨ('15年2月)
神託の続き('15年2月)
天御中主神('16年8月)
稚日女命の謎('17年1月)
琉球の玉('17年6月)
アカル姫の御嶽('17年7月)
角のある人の世('17年9月)
聖徳太子('17年9月)




雨が止んだ曇り空の下、借りた自転車を走らせる。
五穀発祥伝説の残る、東海岸の聖地・伊敷浜へ。
a0300530_10133501.jpg





浜への降り口にも、南城市が設置したらしい説明板。
〜モンパノキ、ミズガンピの群生に覆われ、真白な砂
が広がり自然の海浜植生が見られる。五穀の種子の
入った白い壺がニラーハナー(ニライカナイ)から
流れ着いた五穀発祥の地伝説の浜である。
『琉球国由来記』(1713年)には、琉球国王が行幸
の際、東方に向かって拝礼することが書かれている 〜
a0300530_10173143.jpg
    





  浜への道の右にある拝所(↓写真中央奥)でutoutou。
 その手前に青々とアザカの木が茂っていることに、
  初めて気がついた。まさにヒンプン(屏風)のよう。
a0300530_10132404.jpg





「十字」を成す葉、葉、葉…を見つめていて、ふと
猿田彦大神を想う。猿田彦は「申田彦」ではないかと…。
猿田彦についても、アザカの関連で書いたことがあった
かと改めて調べ、自分でも忘れかけた記事を見つけた。

久高島の聖なる種('15年1月)。

猿田彦が大和神話で、「岐(くなと)の神」や
「八衢(やちまた)の神」とされたのは、申田彦…
つまり、十字(沖縄方言でアザカ=アジマー=永遠)
 の霊力を発揮する猿田彦大神だからではないだろうか。

 語り部が、猿田彦大神を久高島の始祖神として
 繰り返し挙げていたのが、いまならそれも頷ける…。
その神はおそらくカタカムナ族の祖神でもあるのだ。



















by utoutou | 2018-05-14 06:57 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)

六甲山と瀬織津姫 170 アシア族の移動

倭国大乱、芦屋市の会下山遺跡、カタカムナ文献…。
琉球との関係を深掘りしたい事柄ばかりだが、ここは
 4月後半の沖縄旅で起こったことを記しておこうと思う。


那覇市牧志の安里川には元気に鯉のぼりが泳ぎ、
語り部には、立て続けに重要なヒントが舞い降りた。
a0300530_16035401.jpg





語り部に会うと、高師小僧(褐鉄鉱)の話になった。
会下山遺跡のある芦屋は、古くは「葦原」や「葦屋」
と表記したと言われるが、ただし、弥生時代の芦屋で、
スズ鉄を焼くたたら製鉄が行われたという記録はない。

酸素に弱い褐鉄鉱は酸化腐食するのが早いため、
遺物として残されることは稀というのがその理由だ。
やがて話は、遺物の残る愛知県の産鉄地へと流れた。

私は言った。
「高師小僧は、豊橋市で生ったスズ(鉄)ですけど、
愛知県の中西部である名古屋市近郊にも褐鉄鉱の地層が
 あるという研究記録があるそうですよ。芦屋で製鉄を
    していたかもしれない海人族と関係がありそうですね」  

「関係はあると思います」
続いて語り部は、質問に転じた。
「熱田神宮の奥宮とも言われる五社大名神社(春日井市)
には、どのような神が祀られていますか?」

すぐにググって、答える。
「祭神は尾張氏の祖神で…大碓尊、素戔男尊、日本武尊、
 菊理比売姫、あと天目一命(あめのまひとつのみこと)」

天目一命、亦名は天目一箇命、天御蔭命、明立天御蔭命。
琉球では火吹き男(ヒーフチャー)とも呼ばれる神。
鍛治神(カニマンガナシー)・製鉄の神である。

春日井市はまさに愛知県の南東部、御祭神から
考えて、海人族が製鉄を行なった可能性は大きい。

「それから、猿投神社というのもありますか?」
語り部が聞く。すぐに調べる。
「豊田市にあります。こちらも祭神は大碓尊ですね」

猿投神社には左鎌(ひだりがま)を奉納する神事がある。
日本武尊の双子の兄・大碓命が左利きだったので左鎌、
という由来。「鎌」とはたたら製鉄族の象徴なのだろう。


景行天皇の皇子である大碓命、小碓命。皇子たちの
名についた「碓」は、「臼」や「火鑽り臼」と同義。
それは「火の一族」の象徴だと、いまでは考える。
久高島の秘された御嶽・国淵山には石臼が祀られている。
a0300530_17250787.jpeg




いっぽう、九頭龍伝説の残る戸隠神社奥社(長野県)
の神紋も猿投神社と同じ鎌。鎌卍(かままんじ)という。
a0300530_17303882.jpg





鎌卍の一片の形はタツノオトシゴにも見える。
つまり、鎌とは龍蛇神を表すかたちでもあるか。

「六甲山から尾張(愛知県)へ、また美濃(岐阜県)へ、
通って信濃(長野県)へ。あるいは近江(滋賀県)へ。
いくつかのルートは、六甲山のアシア(カタカムナ)族
が移動した(追いやられた)ルートと考えてよい?」
「はい。アシア族と名乗ったかどうかは分かりませんが」
「では、なんと名乗ったと…?」
「琉球を出た“7つ首の蛇“の船団、セーナナーですよ」

ああ、だから…。諏訪大社の神具は薙鎌と書いたこと
 があった。やはり薙鎌も龍蛇族を表す秘紋なのだろう。

私は既に確信していた。
スズ鉄製の開墾道具・薙鎌。薙=ナーガ=龍蛇族。
薙鎌は八岐大蛇から出た「草薙の剣」と同じ材質だ。

「では、鎌卍の卍とは、どんな意味なんでしょう?」
語り部は迷わずに言った。
「カタカムナ族の子孫。平十字(ひらとうじ)と同じです」

卍=十字。十字に葉の対生した木を見るならあの御嶽に
限ると、私は翌日ひとり久高島に渡ったのだった。


by utoutou | 2018-05-04 13:35 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)