<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

六甲山と瀬織津姫 192 邇々杵命の降臨

TBS系で夕方放送の番組『Nスタ』が、いまが旬の
マコモダケを特集していて、目が釘付けになった。
 マコモの茎が肥大して、食用になるのがマコモダケ。

「幻の味」「中華料理店でも」といった調理法から、
「古事記に登場」「無病息災・五穀豊穣」「注連縄に」
「酒樽に」「お歯黒・眉墨に」「盆座布団に」、そして、
「全国マコモサミット開催」など、見どころ満載で…。
a0300530_15225849.jpg





古事記のくだりは聞き逃したが、
天地開闢について解説されていたに違いない。

〜 天地がおこったとき、高天原に成った神は、
天之御中主神、次に高皇産巣日の神、神産巣日の神。
まだ国が稚く油かクラゲのように漂っているとき、
次に葦牙のごとく萌え上がるように出た神の名は、
ウマシアシカビヒコヂの神(美しい葦牙の独神)、
次に天之常立の神。この五柱は別天つ神である〜

1億年前から東南アジアに自生していたという
 イネ科の多年草・真菰(マコモ)とは、まさしく
葦牙(あしかび)のこと。「豊葦原の瑞穂の国」
とは、葦牙や茅など瑞穂の豊かに繁る様子を表して
 おり天地開闢そのものだった。(豊葦原の瑞穂の
 茎に成ったスズ鉄の農具で稲作を進めたと考える)

そう言えば、お釈迦さまが病人を治療したのも、
 マコモで編んだ筵の上だったというから薬効も高い。
調べると、ネイティブ・インディアンは、
「ワイルドライス」として、いまも食用にすると
いうから、アメリカンのマコモも自生していた…。


マコモダケのニュースを見ながら思い返したのは、
岐尼神社(大阪府能勢郡豊能町)の祭神と由緒だ。
a0300530_16574078.jpg




主祭神・天孫・邇々杵命について、こう記す。
〜邇々杵命といえば天孫降臨の神話にある神である
が、ここにも天孫降臨の説話がある。すなわち、
岐尼神(きねのかみ=邇々杵命)が南の小丘に
降臨し給うたとき、土民は臼の上に杵を渡し、
荒菰を敷いて迎えたという。
「杵」「杵尊」のひびきは社名の起因と考えられる〜
ちなみに、合祀されている祭神は、天児屋根命、
大名草彦の子・枳根命、源満仲という。
a0300530_17043079.jpg





祭神に見える「名草」を謎解きの糸口にしたい。
ヤマト神話は、天孫・邇々杵命は、天照大神の命
によって、高天原の岩の神座から離れて、筑紫
の日向(宮崎県)に天降ったと伝えるが、思えば
その地名は、志賀海神社にも伝わっていたのだった。

言うまでもなく、志賀海神社(福岡市)は安曇族
の故郷。そして、ここ岐尼神社の神名に見える
名草の一族は安曇と同族であり、さらに言えば、
 琉球の始祖・アマミキヨの末裔も安曇族に繋がる。

は安曇磯良と同魂だと、語り部は常々言っている。

以前のブログ「シロミキヨの高天原」に、
いまは亡き神女の語る古伝承を書いたことがある。

曰く、
「琉球稲作発祥の受水走水(うきんじゅはいんじゅ)
の上の巨岩・タカマシカマノ御嶽は、御先(うさち)
から高天原と呼ばれ、瓊々杵尊が降臨したという」
a0300530_18450583.jpg




琉球、筑紫、そして北摂津…と、各地に残された
記紀とは異なる天孫降臨伝承は、何を意味するのか。
ここ北摂津から繋がる丹後の元伊勢・比沼麻奈為神社
(京丹後市峰山町の豊受宮)も邇々杵命を祀っている。

そこで想像するのはマコモ文化圏(?)の存在だ。
岐尼神社の由緒は、土民が臼に杵を渡して荒菰を
敷いて神を迎えたというが、土民とは誰のことか。
なぜ土民に、マコモを神座とする風習があったのか。

契丹古伝は、「殷とは倭国であった」と記した。
ユーラシア大陸と日本列島に共通の倭人がいたと。
彼らは古代王朝「東大東族(シウカラ)」の民。
天孫氏の末裔という神女のウメおばあが語った
天孫氏王朝17802年」を、改めてかみしめている。










































by utoutou | 2018-10-22 16:27 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(3)

六甲山と瀬織津姫 191 丹生都比売に繋がる

神功皇后が三韓遠征の後、弥都波能売神を祀った
という敏馬神社(神戸市灘区岩屋中町)。その
水神の住処だったという三草山(大阪府豊能郡)。
そして、三草山の北麓に坐すのは、
岐尼(きね)神社(大阪府豊能郡能勢町森上)。
とくれば、もはや神功伝承を持つ神社と言えるか。

祭神は、由緒書によれば、
天孫瓊々杵尊、中臣氏の祖神・天児屋根命、
大名草彦の子・枳根命(きねのみこと)・源満仲。

やはり祭神にも、神功皇后に所縁の名が浮かぶ。
名草とは、神功に同行して三韓遠征に出兵した
安曇と同族だった。(以下、過去記事のコピペ)
----------------------------------------------

安曇氏、名草氏について、『住吉大社』
(住吉大社編)は、次のように記す(要約)。

☆安曇はアマ(海)ツ(の)ミ(神)で海神の意味。
☆応仁天皇の時代から、淡路島や難波にもいた。
☆本拠は筑前国粕屋郡安曇で、志賀海神社の社家。
☆『日本書紀』神功皇后の朝鮮出兵の条にある
〜磯鹿の海人名草を遣わして視しむ〜の「名草」
とは、志賀海神社の安曇氏に関係する海人の一人。

名草の名前は、『住吉大社神代記』にも見える。
〜然して、新羅国を服え給い、三宅を定め、亦、
大神の社を定めつ奉つる…祝(はふり)は
志加乃奈具佐(しかのなぐさ)なり〜

神功の新羅出兵に志賀の名草氏(安曇氏)が
従軍したことは、どうやら間違いなさそうだ。

------------------------------------------------


岐尼(きね)神社の拝殿横に左三つ巴紋が見えた。
安曇の本拠・志賀海神社(福岡県)の神紋と同じ。
a0300530_17395648.jpg





志賀海神社へは2年半前に参ったのだったが、
神紋の画像が見当たらず ↓ HPから拝借した。
左三つ巴は、宇佐八幡宮の神紋でもある。
さらに言えば、琉球王家の神紋でもある。
琉球の稲作の祖「天祖(あます)のアマミツ
は安曇族という語り部の意見は、何度か書いた。
むしろ安曇磯良その人なのだろうという見立ても。
a0300530_03393537.png




さて、その大名草彦命は、どのような神なのか。
「紀伊国の第五代国造」と伝わるいっぽう、
ズバリ高野大明神だとする神社伝説もある。
弘法大師・空海が高野山に金剛峰寺を建立した際、
神領を貸してくれたのが、高野大明神との伝承も。
つまり、地主神・大名草彦命は紀伊国に帰順したか。


大名草彦命を祀るのは、和歌山市の南に鎮座する
田殿丹生神社(たどのにゅうじんじゃ)。
こちらの神紋も左三つ巴だ。(※HPから借用)
a0300530_04042658.png




田殿丹生神社には、驚くべき来歴が残されている。

【祭神】
丹生都比売命(丹生大明神)天照大神の御妹神
大名草彦命(高野大明神)丹生大明神の御子神

【由緒】
当社の主祭神である丹生都比売は、この神地、
夏瀬の森へ御神幸になり、ここを中心として水銀
の開発にお力を尽くされ、農業を創始されました。
神功皇后や応神天皇は深く大神を御尊敬…(攻略)

大名草彦命は、丹生都比売命の御子神。そして
水銀の開発…。水銀とは丹生(古代の朱)のこと。
名草族とは、丹生族でもあったのである。

これで、いくつかの謎が解けたという気がする。
まず、大名草彦の子・枳根命の神名である。
何ゆえ、「枳根(きね)」という難字なのか?

枳とは、カラタチ。みかん科の木。そして、
「南橘枳北」という古い中国の故事にあるように、
橘を違う土地に植えた場合は、味の違う枳となる…
つまり、枳の元は、江南地方に生えていた橘だった。
丹生族は江南地方から渡来した「枳の根」の人々か。
江南地方の杭州は、古来、水銀の産地だった。


ふたつ目の謎は、神功皇后にまつわる古伝である。
『播磨国風土記』によれば、神功は三韓遠征の折、
軍船と、その舳先に立てた逆鉾に朱を塗り、また
兵士たちの服を朱く染めた。そして、戦勝・凱旋、
丹生都姫を紀伊国の菅川の藤代の峰に祀ったという。

冒頭に書いた敏馬神社の由緒を思い出す。
神功皇后が敏馬浦に祀った弥都波能売神とは、
水神に変えられた丹生都比売のことではなかったか…。
そして、最古の瀬織津姫であり、豊受姫とも呼ばれた。


三草山を背に、北に鎮座する枳尼神社の方向を見る。
水田の黄金色と曼珠沙華の朱が美しい(9/23撮影)。
a0300530_16164006.jpg

by utoutou | 2018-10-12 14:10 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(5)

六甲山と瀬織津姫 190 美奴売の神は豊受姫

三草山の古名は美奴売(みぬめ)山だったという。
敏馬神社のいわゆるルーツがここにある。

美奴売山に住む龍神は「美奴売の神」と呼ばれた。
水の神=弥都波能売神=月の神。豊受姫でもある。
美奴売神を祀っていた「龍女」とは、一説に、いまも
岐尼神社(大阪府豊能郡能勢町森上)に祀られる
 枳根命(きねのみこと)だと伝承されている。

岐尼神社へは、三草山の山麓を目指す前に参拝。
能勢電鉄の山下駅からバスで20分、車窓から、
「大阪府のてっぺん豊能町」という幟旗を何度か
目にしつつ、森上で降車。徒歩3分ほどで神社着。


どれだけ古いのかと思わせる鳥居の柱裏には、 
右「延享元年」、左「九月氏子中」と見えている。
つまり、274年前(1744年)に建立された鳥居か…。
a0300530_15442069.jpg






由緒ある延喜式内社も、府道602号線沿いに鎮座。
神社前の道路を車が行き交う。拝殿前からの眺め。
a0300530_10460804.jpg




岐尼神社は、
由緒書きによれば、創建が782年(以下要約)。
☆祭神 天孫瓊々杵尊、中臣氏の祖神・天児屋根命、
大名草命の子・枳根命、そして源満仲。 
☆瓊々杵尊と言えば、天孫降臨の神話にある神だが、
ここにも天孫降臨の説話がある。亦の名は杵大明神。
☆岐尼神が南の小丘に降臨したとき、土民は臼の上
に杵を渡し、荒菰を敷いて迎えたという。
☆その神が天降った山は、天神山と呼ばれている。
a0300530_15470414.jpg




「天孫降臨」「土民」「臼と杵」「荒菰」…。
そこから窺い知れることは、少なくとも大和神話とは
異なる説話がこの地には残っており、先住民と渡来民
とが無理なく融合したことを物語っているようだ。

ひょっとすると、もともと同族だった人々なのか?
臼杵と荒菰(茅を編んだ簾)を使っての歓迎ぶりから
は、いずれも産鉄稲作民だったことが窺われる。

語り部が、常々言っていたことが思い出される。
「この国の神々には、国津神と天津神だけではなく、
  元津神がいたことは、隠されていると思います。
   それが本当の海(天)族、アマミキヨ族ではないか」  


さて、創祀当初の主祭神だったという
大名草命の子・枳根命は「美奴売の神」を祀った。

大名草命は紀氏の祖とされる天道根命五世孫で、
武内宿禰の二代先祖ということらしいが、ならば
神功皇后と美奴売神の関係も、次第に明らかになる。

神功三韓遠征のための船は美奴売山の木で造った。
 また凱旋した後、その女神は敏馬浦に祀られた。
女神(月神)とは、神功の審神者(さにわ)だった
武内宿禰の母系の始祖神でもあった。

名草氏と武内宿禰の系譜は、以前こちらにも書いた。
名草とは、日前国懸神社(和歌山市)の鎮座地の
旧地名だが、その名は古来「奈具佐」とも記された。
奈具佐は安曇と同族で、三韓遠征の随行して活躍した。

また「名草」は「菜草」とも考えられ、それは
「豊葦原の瑞穂の国」と謳われた瑞穂(葦や茅)の
  ことだと真弓常忠氏は『古代の鉄と神々』に記した。
 紛れもなく、名草一族はスズ鉄の産鉄族だった。

『摂津国風土記』逸文を改めて思い出す。
〜豊宇可(トヨウカ)及売神、常に稲倉山に居まし、
山を以って膳厨(みくりや)となす。
後、事故ありて居ることあたわず、丹後国
比犀乃真奈韋(ひじのまない)に移り行きき」〜


境内に、「神饌田」の石碑が建っている。
やはりこの地は丹後へ移った豊受姫の膳厨だったか。
a0300530_11393302.jpg



神社から府道を100m西へ進むと三草山が見えた。
行きには分からなかったが、帰りにスマホ望遠で撮影。
a0300530_10530709.jpg


by utoutou | 2018-10-05 15:39 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)