<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

六甲山と瀬織津姫 198 葦舟は琉球産?

沖縄から帰った後、語り部とこんな会話をした。
伊礼原遺跡の土層図が示すマングローブを見て、
褐鉄鉱の製鉄が行われたかと、考えていたときのこと。
語り部は言った。
「湿地帯のマングローブ林の近くに、他の木も茂って
いるように視えますが、何ですかそれは… ?」
「…… ??」

質問は、なおも続いた。
サキシマスノウの木は、船の材料になりますか?」
その実がウルトラマンの顔に似ていると言われる
サキシマスノウの木は硬く、船の櫂に用いられる。
「確かに、葦舟の櫂として使われたのかも…」
「そうですか、葦とサキシマスノウで葦舟ができる」
「なるほど…。琉球の島々でも、古代の人たちに
 よって葦船が作られた可能性があるわけですね」

古代、舟の原型とされる葦船は、世界中で作られた。
古代船は、葦舟→丸木舟→アウトリガー→カヌー
→双胴船へと発展した。※茂在寅男氏の著書より。
いっぽう、古事記の国産み神話では、
イザナミ・イザナギは最初にできた水蛭子(ひるこ)
を葦舟に乗せてオノゴロ島から流してしまう。

イザナミ・イザナギ、葦舟は、古代産鉄族の象徴と
私は考えているが、そこにサキシマスノウが加わる
と、神話舞台は琉球の島々ということになるか?
少なくとも神託は、そう宣っているかのようだ。


北谷町役場の考古展示館で撮った画像を改めて見る。
弥生時代の琉球とヤマトの貝交易を図示した、
「貝の道の模式図」。※熊本大学、木下尚子教授の作。
a0300530_04035589.jpg




沖縄列島にサンゴ礁ができた2千数百年前、
つまり弥生時代からヤマトとのゴホウラやイモガイ
貝交易は始まった。それは北部九州の弥生人が貝殻を
貴重品として求めたからと言われるが、もっと以前、
縄文時代の南島人が関わった大陸との交易に関しては、
考古学が絡むせいか、なかなか語られることがない。


ましてや琉球の海人族が、大陸との交易で活躍した
であろうことなどは…。
また、北谷町の伊礼原遺跡から出土の曽畑式土器
(※県博「縄文と沖縄」で撮影)が、
ユーラシア大陸北部に分布した櫛目文土器を生んだ
遼河文明の影響を受けているこということなども…。
a0300530_06211509.jpg




こちら、
曽畑貝塚(熊本県宇土市)から出土した曽畑式土器。
曽畑式土器のなかでも古手という。(※県博で撮影)
a0300530_06465627.jpg





櫛目文土器の影響を受けたという曽畑式土器。
そのなかに、沖縄県北谷町と熊本県宇土市から出土
した2種類があるという点には、興味は尽きない。

なぜなら、伊礼原遺跡がら出土した曽畑式土器の大半
には、白い粒(貝やサンゴや砂)が混入しており、
 いっぽう熊本産の特徴である滑石入りはごく僅かという。
 大陸の影響を受けた土器の作り手が伊礼原にいたのだ。

その人々とは誰か…?
「大陸と交易して曽畑式土器を作ったのは熊襲では?」
昨日、私が聞いてみると、語り部は言った。
「いやあ、ワニ族かもしれませんよ」

ヤマトの古代豪族・和邇(過去ログはこちら)。
『契丹古伝』(浜名寛祐・編訳)は、その国は
現在の河南省開封府陳留県にあったと記している。

その場所を、城郭都市研究会様サイトから拝借した
地図↓で見ると、四角で囲まれた「老丘」に当たる。

「ワニは夏・殷の時代には大侯国だったが、漢代は
史書から消え、東の海に去った」とも『契丹古伝』に
ある。ちなみに、櫛目文土器の興った遼河は、
地図右上の遼東半島付近を河口にして渤海に流れ出る。
黄河の河口とは、意外にそう遠くない。
a0300530_08302407.png




「曽畑式土器とワニ族の関係はなきにしもあらず」
と、話し合ったが、語り部はなおも言った。
「では、ワニ族は元々どこにいたんでしょうね?」

by utoutou | 2018-12-18 19:26 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)

六甲山と瀬織津姫 197 伊礼原遺跡の「櫛」

北谷町の展示館から那覇へ戻ると語り部が言った。
「櫛は見ませんでしたか? 伊礼原を流れる
ウーチヌカー(※カー=川)の近くには、
御先(うさち、上古)時代に集落があったと思います」
しまった…土器ばかりに気が向いてしまい、
それ以外の遺物にはあまり注目しないできたが、  
語り部はおそらく、櫛が謎解きの鍵と読んでいるのだ。


伊礼原遺跡(沖縄県北谷町)の航空写真(赤丸)。
黄丸(私の加工)は観光地アメリカンビレッジの位置。
(※県立博物館・考古学ニュース('09年)より拝借)
a0300530_15335543.png


さて、話は続き…、私は聞いた。
「伊礼原遺跡から出た櫛が大事なんでしたか?」
「そうですね、出て来ます…」
神託か霊視か、ともかく彼は櫛のイメージを視ている。
出て来ます…とはそのこてで、彼自身も知らない
古の記憶が、何かの拍子にこんなふうに引き出され、
私はそのイメージをヒントにこれまでも追跡してきた
ので、今回も「櫛」は重要なアイテムなのだろうと思う。


その ↓ 櫛(※画像は考古学ニュースから拝借)。
「小川の川底から出土した木製櫛」。いまから
約2500年前の縄文晩期に作られたという縦櫛で、
長さ8㎝、最大幅4.2㎝。素材はなんと八重山黒檀。

つまり、この地で製作された櫛ということになるか。
広報ちゃたん」によれば、一枚板に先端の尖った
道具で両面から削る刻歯式(こくししき)技法による。
a0300530_15323677.png





それにしても、ちよっと驚いた。
八重山黒檀は木質が重く硬いことで有名な木。
現代でも琉球三線などの高級素材として知られる。
それを伊礼原の人たちは、何を用いて削ったのか?
道具についての研究結果は出ていないようだが、
縄文時代の利器ならば、黒曜石の断片なのだろうか。
では、その石を鋭利に削った道具は何だったのか?


1週間の沖縄旅行から東京に帰ってからも気にかかり、
くだんの「考古学ニュース」を溜息まじりに見ていたが、
思わぬところで目を見張った。これかもしれない…。
a0300530_16152406.png

↑ 伊礼原遺跡(低湿地区)の土壌図(左)。
いちばん下層に、「マングローブ」と記されている。

時代区分は、縄文時代早期のそのまた下層。
この伊礼原に人が住み始めたのは、約7000年前で、
縄文時代早期にあたるが、その前の時代区分というと、
縄文草創期(1万5千年前〜1万2千年前)にあたる。
無人の時代、伊礼原の低湿地はマングローブ林だった…。

沖縄各地で、いつも不思議に思っていたことがある。
マングローブ林のある川や湿地帯や海浜の土壌は、
あるいは水は、なぜ赤錆色をしているのだろうか?
その答えがもし、マングローブ(沖縄では主にヒルギ)
の茎に生成した鉄バクテリアが原因だったとしたら…?

それはやがて褐鉄鉱の塊となり(12年で固まるという)
原始的な産鉄の素材となり得るのではないか?

「豊葦原の瑞穂の国」について、これまで何度か書き、
瑞穂とは稲穂ではなく、褐鉄鉱を茎に生成させる
水草であるという説を引いてきたが、葦などの瑞穂に
マングローブが含まれるかもしれないとは考えなかった。

もしマングローブの茎に褐鉄鉱が生成したならば、
それを野だたらで焼くことで、可鍛鉄は得られる。
と同時に、その焼成の過程でベンガラも得られる。

大胆な仮説とは思ったが、語り部は静かに言った。
「そうですね、たとえば天女の伝説が残っている
銘刈川は、大昔はマングローブ林だったと思います」
天女は産鉄族の守護神…と、各地の産鉄地では言われる。














by utoutou | 2018-12-08 18:58 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(2)

六甲山と瀬織津姫 196 「縄文と沖縄」へ

  沖縄へ来た。那覇市おもろまちの県立博物館へ。
「縄文と沖縄」がちょうど開催中。
テーマは「火焔式土器のシンボリズムとヒスイの道」
a0300530_07032531.jpg




タイトル通り、展示会の目玉は火焔式土器。そして
クマヤー洞窟から出た新潟県糸魚川産のヒスイや、
平安山遺跡から出た青森県亀ケ岡遺跡の土器が主役
と思うが、3階の展示場に着いて係の人に聞いたのは、
もちろん…。
「曽畑式土器とサキタリ洞から出た5500年前
の赤色顔料は、どちらに展示されていますか?」
女性は会場内を探した後、戻って案内してくれた。
あまり話題にはなっていないのか?…縄文ベンガラ。



そして、「南島のシンボリズム」コーナー内
「海を超えた縄文人・交流のはじまり」を見る。

右・曽畑式土器(北谷町の伊礼原遺跡から出土)
左・曽畑式土器(熊本県宇土市から出土)
何種類かの幾何学模様が刻まれているのが特徴。
いずれも、ベンガラと同じ縄文前期にできた土器。
a0300530_07033035.jpg





もうひとつの狙い…赤色顔料の付いた2点の遺物
(縄文前期、約5500年前)も近くに並んでいた。

右・この11月に「沖縄最古」と発表された
  赤色顔料が付着した砂岩礫(南城市サキタリ洞)。
左・サキタリ洞の砂岩礫の調査に伴って分析され
赤色顔料が付着していると判明した、曽畑式土器
北谷町伊礼原E遺跡
a0300530_10182142.jpg




今回の発表では、ベンガラはいずれも九州から
伝わったものというが、沖縄産の可能性はないのか?
伊礼原遺跡で出土している曽畑式土器のほとんど
は、伊礼原で製作されたものとされているにも
かかわらず、一辺倒に「すべて九州産」というのが、
どうにも腑に落ちない感じがしていたのだ…。


ところで、曽畑式土器が九州産か沖縄産かは、
胎土に滑石が含まれるかどうかで判断するという。
滑石は主に長崎県で産出される鉱物で、沖縄には
分布していない。よって少なくとも伊礼原から出土
した曽畑式土器には、滑石は含まれていない。
とすれば、今回ベンガラが発見された曽畑式土器が、
滑石が含まれていないものならば、ベンガラが
地元産である可能性はグッと高くなる…。


そこで、車で40分ほどの北谷町役場へ向かう。
役場の敷地内に、町が管理する遺物展示室がある。
a0300530_13253524.jpg






伊礼原遺跡は北谷町役場から至近の場所にある。
※地図は沖縄タイムス記事から拝借。
a0300530_11045150.png




途中、北谷町の担当部署に電話で確認していたところ、
社会教育課文化係の方が展示室を開き解説してくれた。
「県博に貸し出し中」の曽畑式土器は右奥に。
同じく手前の「貸し出し中」は室川下層式土器。
a0300530_07042387.jpg





係の方の説明が始まったところで、こちらからも聞く。
「ベンガラが付着していた曽畑式土器に、
滑石は含まれていたんでしょうか?」
「それが、含まれていなかったんです」
「では、それは伊礼原で作られた土器なのですか?」
「とは一概には言えなくて…。今回分析したのは破片
ですから、土器全体を分析しないことには…」
「なるほど…」

次に、ベンガラについても聞く。
「この地でベンガラが採れた可能性はありますか?」
「それは、あります。伊礼原遺跡は古代の海岸線に近い
低湿地にありましたから、鉄バクテリアからできる
ベンガラが採れた可能性は十分にあります」
a0300530_07042826.jpg



伊礼原でベンガラこと赤色顔料が使用された可能性は、
この低湿地で鉄バクテリアを生む褐鉄鉱が成った可能性に、
さらに言えば、「朱の一族」がいた可能性に繋がる…。


by utoutou | 2018-12-02 13:48 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)